teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:樹海  投稿日:2018年 5月23日(水)22時23分27秒
編集済
  >エログロ上等さん

ホラー映画は気付いたら廃盤になっているものが多いのでコレクターは大変ですよね。
ただ、最近はとっくの昔にDVDが廃盤になっていた『モンスターパニック』や『スペースインベーダー』といった作品がBD化したりもしてるので、この調子でamazonnでアホみたいな
価格になってる作品をジャンジャン再販して欲しいですね。

自分も7月に発売する『ハウリングⅡ』を楽しみにしている人間の1人です。
あの映画は、シビル・ダニングのおっぱいが100回くらい拝めるスタッフロールこそが
むしろ本編だと思っています(笑)
 
 

(無題)

 投稿者:樹海  投稿日:2018年 5月23日(水)22時11分47秒
  >いわごろうさん

きっとロメロ御大も草葉の陰でマジギレしてると思いますよ。
もう誰でも良いので、そろそろマトモな『死霊のえじき』のリメイクを作って欲しいです…。
 

(無題)

 投稿者:樹海  投稿日:2018年 5月23日(水)22時06分50秒
編集済
  >案山子さん

ロメロ作品のリメイクは本家のテーマを履き違えたものばかりですが、
今回の『死霊のえじきBloodline』は群を抜いて酷い出来だと思います。

確かに、ゾンビが猛ダッシュで絶え間なく雪崩れ込んでくる出入り口から外に向かって
飛び出していく少女とヒロインの姿は目茶苦茶シュールでしたね(笑)
あれをギャグではなく大真面目にやっているのだから驚きです。
 

祝! ハウリングⅡ

 投稿者:エログロ上等  投稿日:2018年 5月23日(水)08時28分11秒
  あの伝説の迷作「ハウリングⅡ」のDVD・BDが発売されるそうじゃないですか。予約が始まってるじゃありませんか。

中世のヨーロッパ的な雰囲気はいい味を出していたんですが、何か方向性を誤ってしまった、突っ込みどころ満載の迷作。
「おっぱいボヨヨ~ン♪」を延々と繰り返すエンドクレジットは、今までこの映画を真面目に見てきた自分は何だったのかと、
激しい虚脱感に襲われるようなシロモノでした。

二度とお目にかかれないと思っていましたが、まさかDVDで再会できるとは・・・・・・販売会社に感謝です。

ちなみに「ハウリングⅢ」は始終、目が点になって気絶しそうになるぐらい、トンデモなしょーもない映画でした・・・・・・
これをDVDやBDにして世に解き放つ勇気のある会社は、さすがに無いかも。
 

死霊のえじき BLOODLINE

 投稿者:いわごろう  投稿日:2018年 5月15日(火)21時07分8秒
  ロメロの名前を売名と商売に利用したとしか思えない、ひどい映画でした。
かつてのJVDの、ゾンビ・オブ・ザ・デッドシリーズの最新作なのかと、一瞬錯覚をしてしまいました。
主人公や監督が、怒りのあまりにゾンビ化した御大に打ち殺されるというラストが、この映画にはピッタリだと思います。
 

ブラッドライン

 投稿者:案山子  投稿日:2018年 5月15日(火)09時47分8秒
  あまりにもヒロインがクソ女すぎて、怒りを覚えるレベルでした。どうしてロメロ作品のリメイクはひどいのばかりなのでしょうか
薬を探しにいくついでに、思い出の写真を探しに勝手に動いてゾンビに襲われ、仲間が死亡した上に彼女に責められ逆切れなどひどいです
ローズ大尉ポジションの兄貴の「おまえのせいだ」「私だけがまともだ」はその通りでした
それにゾンビ治療薬よりも、ゾンビの群れを突っ切っても見向きもされない子供やヒロインの身体を調べた方が有益だと思います

これが「スーパーゾンビマックス~ゾンビになっても忘れない」あたりのタイトルなら「ゾンビ4」くらいは評価できたと思います
 

フレッシュイーターといえば

 投稿者:エログロ上等  投稿日:2018年 5月 9日(水)22時13分47秒
  『フレッシュイーター』に1万円。本当に悩みました。
昔、VHSで観て「なんじゃ、コレ?」と思った映画。しかし、ゾンビ好きとしては避けては通れない映画だと思いますし、
他に入手できる見込みもないと考えらえるので、思い切って Amazon で買ってしまいました。

これを観て、やはりロメロという監督は偉大な人だったと、つくづく思う次第のであります。
「人間を滅ぼすのは人間自身」というテーマを本当に真剣に描いたゾンビ映画を撮ったのはこの御大だけなのではないでしょうか。
「結果だけ見れば、人間の自滅」という映画は他にもありますが。

クリープショー2万円、エコエコアザラク(吉野きみ佳, 菅野美穂)2万4千円、アリゲーター1万3千円、、、という価格を見ると、
安く買える時に買っておいて良かったと、心から思います。

クリープショーほどの名作がいつまでたっても再販されないのは、残念としかいいようがありません。
 

(無題)

 投稿者:樹海  投稿日:2018年 5月 8日(火)21時21分28秒
編集済
  >エログロ上等さん

コーマンのビジネスマンとしての手腕は本当に天才的ですよね。
しかしまぁ、『フレッシュイーター』に1万円はあまりに高い買い物だと思います(笑)
 

コーマン先生

 投稿者:エログロ上等  投稿日:2018年 4月30日(月)06時00分41秒
  コーマン先生の作品をいくつか拝見いたしまして、この先生が商業的に成功する秘訣を見つけてしまいました。

『めっちゃくちゃ安く作って、そこそこ安く売る』

これこそが、「安定の黒字」という輝かしい実績を生み出すための重要なポイントなのではないかと。
わたしのように「エクストロ」「フレッシュイーター / ゾンビ群団」のDVDに1万円も払うような人間もいるので
「高く買ってくれる好き者」をターゲットにしている可能性も否定できませんが。
 

(無題)

 投稿者:樹海  投稿日:2018年 4月25日(水)10時34分48秒
  >いわごろうさん

自分も先週、ツイッターのTLで知りました。
リメイク版は彼のおかげで魅力的な作品になっていたことを考えると、
今回の訃報は本当に残念でなりません。
謹んで、ご冥福をお祈りします。
 

レンタル掲示板
/62